食べたら歯を磨く習慣

間食が多い人は要注意

1日1回の間食が良い

気分転換するためにも、仕事の合間に間食をする人が多いです。
仕事を効率良く進めるための方法ですが、間食したら口内をそのまま放置しないでください。
特に甘いお菓子やジュースを摂取したあとは、口内に糖分が溜まっています。
その糖分をエサにして虫歯菌が繁殖するので、必ず歯を磨いてください。

また昼食を外で済ませる時は、歯磨きのタイミングがないかもしれませんね。
それでも、口をゆすぐだけで良いので行ってください。
コンパクトな歯磨きセットをカバンに忍ばせていれば、食後にトイレに行って歯を磨けます。
さらに普段の水分補給は、糖分が含まれないお茶を選びましょう。
お茶に含まれるカテキンやポリフェノールが、歯に良い効果を与えてくれます。

隅々まで細かく磨くこと

食後に歯を磨くことが習慣でも、雑では意味がありません。
歯を1本ずつ、丁寧に磨くことを心がけてください。
うまく歯を磨くためには、使いやすい歯ブラシを購入することが重要です。
握りやすく、ヘッドが小さい歯ブラシが良いですね。
特に女性や子供は、ヘッドが大きい歯ブラシだと口内でうまく動かせず、汚れが残ってしまいます。

また、毛先が柔らかい歯ブラシを使いましょう。
毛先が普通だったり固かったりする歯ブラシを使うと、歯茎から血が出る恐れがあります。
柔らかい歯ブラシで、軽い力を入れて擦るだけでも汚れを落とせます。
歯磨きが面倒だからと乱暴に、短時間で済ませないでください。
ゆっくり磨くことが、清潔な口内環境に繋がります。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ